海底日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育の限度というものを真剣に考える

<<   作成日時 : 2006/06/07 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっとねー、度が過ぎてるかも。
>伝令兵です。

○教育の限度というものを真剣に考える
まぁ、今回の記事を書く経緯となった事件が今日の現社の時間にありましたよ。
あの先生(以下先生と呼ぶのも甚だしいのでT氏)前から何かやらかすと思っていたけどやっぱりやらかしたね。

テストを無事返却して確認をしたら採点ミスが有ったので先生のところへ行ったんですよ、自分。
そしたら、そのときに口笛を吹いた居た奴がいてそれにT氏が激怒。
まぁ、これは普通ですわな、授業中に口笛ふいたら誰でも怒る罠。
んで、名乗り出ろといってもとうぜん吹いた本人は名乗り出ないわけですよ。

ココまではいたって普通の話。

そしたらT氏、クラスの2人を名指しで呼び出し(たぶん野球部つながり)何をしたかというと、

「お前のクラスの奴なんだからお前らが注意しなきゃいけねーだろーが」と言った瞬間、
その二人を教科書でマジに殴ったわけですよ。しかも自分の目の前で('A`)ヴァー

・・・何が問題かってまず当人を殴らず他の生徒を殴るという行為ね。
まぁ、当人を殴ったら殴ったでそれも大問題なのですがね。
それ以前に、そんな授業中に誰がやっているのかもわからないようなことが注意できるのかと。
そんなことが出来ていたら、このクラスはどんだけチームワークが良いのかね。

正直何があっても人を殴るのはよくないと思うよ。
しかも教科書を使うなんて物を大切にしなさすぎるよ、現代人は。

これだからスポーツをやる奴ってのは物を大切にしないんだよな。
だってサッカーなんて足で物を蹴るんだから物を粗末にしているとしか思えないし。
ああいうのって足癖が悪いというのかね。


んでまぁ、目の前で人を殴られるのを見た私は第発狂ですよ、マジで。
採点ミスの直しまでは冷静さを保てたのですが、席に戻ってからはカッターを取り出し刃を一杯に出しては真面目にやばい行動をしていたわけで、今となってはちょっと反省。

まったく的外れな八つ当たりにしかないよね、ああいう行動。
殴られたほうも、目の前でそれを目の当たりにしたのから言わせて貰うとなんつーんだろうね、

まず口笛吹いた八つは死ね。氏ねじゃなくて死ね。


共謀罪?知ったことか。

つわけでいつもの、はいいくよ〜

○今日の乗車
朝-
バス-J40410
京王-8155号車
緩行-サハ209-534
京浜-サハ209-230

帰り-
京浜-モハ209-68 67A
緩行-サハE231-74
京王-7172号車
バス-J40531

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
教育の限度というものを真剣に考える 海底日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる