海底日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ラストランを見送りに-2

<<   作成日時 : 2006/08/27 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像いよいよこの日。
>伝令兵です。

○ラストランを見送りに-2
つーわけで色々買い込んで函館駅へ直行。
なんでもかんでもとにかく撮りまくりMDを抱えながらバタバタ82号へ。
まぁ結局録音失敗していますよ、はいorz

2年ぶりくらいの乗車でテンション上がりまくっていたりと車中で興奮。
そしておにぎりが痛んでいたのに凹んだりorzモッタイネ

木古内に停車し退避を繰り返しつついつの間にか青函に。
10分くらいで吉岡海底に到着、テンションは次第に上がる一方。
ただ海底ワールド内の売店はすでにカラッポの状態で(´・ω・)

という感じでもうあっという間に見学も終了。
テンションもやばい感じでもう感極まりまくり。
帰りの車中ではボケーっと外を眺めて物思いにふけったり、
函館到着時にはもう凹みまくっていたりする自分がいたり。

つか感情激しすぎるだろ、いまさらだけど。
到着後はホームを走り回り撮影、残すは最終の発着のみ。

昼食は七飯の昆布館にて。

昆布うまいよやっぱり(ぁ

うどんはさすがダシがききまくりでひじょーに濃厚。
フライドポテトに昆布塩をかけたのもも尋常じゃないうまさに感動。
あーもう函館に移住しようかね、マジで(ぁ

いろんな意味で舞い上がる心で函館へ戻り駅へ直行。
ものすごい報道陣や人の数、でも首都圏のイベントよりはかなり良い雰囲気。
陽も徐々に傾く中MCやスタッフ登場、広報っぽい人も登場。
さらにドラえもんのレギュラー5人も登場し到着を待つ。
そしてついに西日に照らされた青い顔が姿が。

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

とにかくシャッター切りまくり。
つーか何をとってんのかがまったくわからず完全に混乱w
後々写真をみて凹んだのはここに原因アリかと。

到着後ドラたちが乗務員の方々に花束贈呈。
そして大きな皿からはなんと超巨大ドラ焼き(半径20cmくらい)登場。
とにもかくにもカメラを色んな所に向ける自分。
一通りセレモニーも終わり車両の展示のほうへ。

まず両顔を撮影に走り車内の撮影にもまわり大忙し。
車内で撮影をし移動中

父:「おい、485国鉄色来たぞ!」
自:「Ω ΩΩ<な、なんだってー」

と、キバヤシに関しては冗談だったりするのですが、
とにかく車内を急いで移動、ホームへ出ると・・・

キハ183国鉄色キハ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

ドラと国鉄色の183が並ぶと、いう事態に。
まぁ並んだといっても停車位置が違うのであまり撮れない構図なのですが。

思わぬ珍客に惑わされつつ各所を撮影、徐々に人も引けていく。
そしてついに回送の時刻に。
ホームの端っこでボケーっと車体を眺める自分、すでに言葉も出ない状態に。
フィルムは残り2枚、何を最後に切ろうかと考える。

ドラスタッフの人たちが記念写真を撮っているのを眺めつつ一人物思い。
そしてアナウンスとともに車体が動きだし、自分の目の前から離れていく。
もう2度と走ることはないのだと思うと猛烈に心が折れてしまい
メソメソとしている自分、今考えると周りに人いなくてよかったorzウェェ

やはり最後はオーソドックスに編成写真。
フィルムの戻る音を確認し、西日を横に受けつつその場から撤退。

レンタカーを返し、空港へ。
函館空港の荷物チェックの厳しさに驚きつつ、っつーかこのご時世当たり前か。
つーか腰の巾着までチェックされるとはなぁ・・・羽田じゃ大丈夫だったのに。
んで、今流行の「ペットボトルチェッカー」に空のペットボトルを置いて遊んだり(ぁ
「このペットボトルは?」と空のペットボトルを見て不思議そうに聞かれたので、
「『地方限定ペットボトルコレクター』です。」と答えときましたよ、ええw

待ち時間には恒例のホットドックチェック(ぁ
以前青森空港で食べたホットドックが異常なまでにうまかったのでそこから生まれたもの。

窓の無い中席で函館に別れを惜しんで惜しんで住んでやるこんちくしょうとかほざきつつ食べる。
中のレタスが良い感じだけどもうちょっとパンがふっくらしていたらなー。
でもやっぱりうめぇ、という結論にたどり着くオチ。

15分ほど遅延して出発、当然到着も遅れることに。
ただ、機長氏のきめ細かい配慮でなかなか楽しめましたw

そんなこんなで、今回の旅行はあわただしくも終了。
やっぱり北海道、いいねマジで。

住みてぇー(ぉ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ラストランを見送りに-2 海底日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる