海底日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 「リリアとトレイズX 私の王子様〈下〉」完読

<<   作成日時 : 2007/10/04 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像これでいちおう終結。
>伝令兵です。

○「リリアとトレイズX 私の王子様〈下〉」完読
リリトレの第6巻。
一応完結作です。
時雨沢作品は3部作が多いですね。
一種の特徴ともいえますが、
なんだか勿体ない気持です。

前回は「起承」の部分。
今回は「転結」の部分にあたります。

あとがきを読めばわかりますが、続編はどうなのやら。

さて、今回は前作の流れとは一変して、一気に物語が流れだします。
やはりキーマンになあるのは“囚人四十二番”ですかね。
ようやく実態を表したような、なんというか・・・ねぇ(謎

あるいみミステリアスの中にギャグを埋め込むという
時雨沢作品の定番シーンといえば定番ですが、
今までに類を見ないようなキャラ付がされているあたり注目です。

しかし回を重ねるごとに過激になっているような…w

最後のシーンはなんとも失笑な展開ではありますが、
この物語の最後を飾るうえでは最も適したラストかな?という感じです。
やはりトレイズは最後までヘタレを貫きましたね。

あとラストにメグが出るあたり、なんとなく次回作への伏線?

巻末部分の「王子観察記」は淡々と描かれた内容ではありますが、
深みを感じる文章で、これまた読んでいて非常におもしろいものですし、
そして、「小生意気なガキ」はこれが最後になるのかと思うとちょっと残念。
カルロほど作者から愛されたキャラはいないんじゃないのか?w

と、まぁそんな雰囲気です。

前作は話の流れが緩い分物語の世界観に浸かれるような感じでしたが、
今作は前作よりも圧倒的に話の流れが速いので、続けて読むことをお勧めします。
間に別の本を挟んでしまうと、なんとなくダメなような気がします。

そういう意味ではしばらく置いておいて正解でした。
この物語に、休憩するような余裕はありません。
それくらい勢いを持って、かつ深く考えつつ読むべき本だと思います。

ライトノベルミステリー&アドベンチャーの決定版?とまではいかなくとも、
十分に満足できるような内容でないでしょうか。

次回はキノの旅]です。

○今日の乗車
バス-J30305
京王-10-337
   -10-380
   -8258
バス-J30313

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「リリアとトレイズX 私の王子様〈下〉」完読  海底日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる